スタッフブログSTAFF BLOG

新しい クルマの買い方

2021.01.29
三条店

新潟スバル三条店でございます。

(じ)にしては、きょうは珍しく?「自動車ディーラーらしい」内容です。

 

みなさん新車の購入を検討される際に、車種やグレード、ボディカラー、オプションのほか、お支払い方法も検討されると思います。

まったくの「個人的感想」ではありますが、ご購入いただく際「現金」でのご購入が半数以上かなぁ・・・と感じます。

ということは、残りの方はクレジットやリースをご利用いただいていることになります。

 

その中の「クレジット払い」がここ数年、ちょっと変わってきています。

通常、クレジット払いをご利用いただく場合は「頭金○○万円、クレジットご利用額○○○万円」となります。

仮に頭金100万円、クレジットご利用額200万円としましょう。

金利を無視して計算すると、200万円の60回払いだと約33,000円/月(均等払い)となります。

まあまあ、新車を買うのだからこのくらいは・・・と思っていただける金額ではないかなと勝手に思っていますw

ここで、「月々のお支払額をもっと下げることができますよ」と言われたら気になりませんか?

 

気になりますよね!

 

実は今、新車をご購入いただく方の3割弱が未来のカタチ

「残価設定型クレジット」

をご利用いただいております。

残価設定型クレジットは「クレジットご利用額の一部(支払い回数に応じて車両本体価格から計算)を最終回のお支払いとし、月々のお支払額を少なくします。」というものです。

文章だけ見てても「なんのこんだかさっぱりわからねー」とおもいます。

先ほどの「通常クレジット」に当てはめると・・・

クレジットご利用額200万円の一部仮に50万円としましょう。

この50万円を「残価」として差し引き、150万円を月々(58回均等払い)でお支払いいただくと約26,000円/月となります。差額は約7,000円。満タン1回分ぐらいですかね?この差は大きくないですか?別な視点で考えると、金額であきらめていた上級グレードにも手が届くっていうことです(おお!)

 

差し引いた残価(この例では50万円)は

①車両を返却してお乗りかえ

②車両を返却して終了

③再分割して乗り続ける(最長36回まで。審査が必要です)

④一括払い(口座引落)

の4つからお選びいただけます。

①と②については引取時には走行距離や車両の状態(キズ、凹み等)の条件がありますが、条件を満たしている場合は弊社が最終回お支払金額でお引き取り致します。

 

いかがですか?

「残価設定型クレジット」ってなんだかお得な感じがしませんか?

「いつもニコニコ現金払い」は大変すばらしいですしぜひ見習いたいところではありますが、車両の高性能化・高機能化は目覚ましく、ナビやドライブレコーダーなどのオプション部品を多く選んでいただけるようになった反面、ご購入いただく際の価格は消費税増税等もあり上昇しています。
通常のクレジットをご利用いただいた場合も月々の支払は高くなっていますが、新しいクルマの買い方「残価設定型クレジット」なら月々の支払いを低く抑えることができます。

最新のクルマを新しい買い方で手にしませんか?

新車ご購入の検討の際には、ぜひ残価設定型クレジットのご利用もご検討ください。

残価設定型クレジットの詳細はショールームで。

(この話、もう少し続きます。この続きは次回の××板の上で!)

(じ)

 

【今週のちょっと】

「鬼退治」のマンガも「無人島でタヌキと仲良くなる」ゲームもほぼ内容がわからずすっかり時代の波に乗り遅れていたわたしが、懐かしさも手伝って、話題の「すごろくゲーム」を入手しました。タイトルに「昭和・平成・令和」とあるのですが、私の場合は平成をふっ飛ばして実に30年ぶりの「サイコロの旅」ですw